ハメ撮りしたいときはこうやって交渉するべし

未分類

「セックス風景を写真や動画に収めて後々オカズにしたい…」
そんな願望を満たしてくれるのがハメ撮りです。

しかしこのハメ撮り、女性から許可をもらうのがなかなか難しいんですよね。
だからといってコッソリ無許可で撮影するのはよろしくありません。
ハメ撮りはきちんと交渉し、OKをもらってから撮影しましょう!

そこで今回は、ハメ撮りしたいときの交渉術についてまとめてみます。

ルールを決めて不安を取り除く

女性がハメ撮りを嫌がる主な理由は、流出と身バレです。

「もし自分の恥ずかしい写真や動画がネット上に流れたら…」
「おまけに友達や家族にまで知られたら…」
こうしたリスクを考えると、女性はどうしてもハメ撮りに抵抗を感じてしまいます。

そのためハメ撮りしたいときは、ルールをしっかり決めて交渉するべし!

「オカズにするだけでネットには絶対アップしない」
「顔や服・下着など、特定できる部分は何がなんでも写さない」
このように、相手の不安を取り除くルールを設け、交渉に挑みましょう。

流出や身バレといったリスクが防げるとなれば、女性もきっと折れてくれます。

信頼関係ができた頃に持ちかける

初めてのセックスでハメ撮りをお願いしても、まずOKはもらえません。
「この人いきなり何言ってるの?」と不信感を抱かれてしまうのがオチです。
そのためハメ撮りは、何度か会ってセックスして、信頼関係ができたときに頼んでみると良いでしょう。

初回でいきなりだと高確率で引かれますが…。
ある程度距離が縮まった頃であれば、「まあこの人ならいいかな?」と思ってくれる可能性大です。
やはりハメ撮りにおいても信頼関係は大切と言えますね。

焦らず急がず、ハメ撮りしたいときはタイミングにも気を配りましょう。

酔っ払っている時に頼む

ハメ撮りしたいと思ったら、とりあえず相手を飲みに誘いましょう。
そして相手が酔っ払ったら、すかさずハメ撮りを交渉してみてください。

やはり大抵の人は、酔っ払うと通常時よりテンションが上がりますからね。
またリラックスもするため、ガードがゆるゆるになりやすいです。
酔っ払って隙だらけ状態のときに頼めば、ノリでOKしてくれる可能性が高いでしょう。

ただ、あまりにもベロンベロンに酔っている場合はNGです。
あとで「え?覚えてないよ?」と言われたら厄介なことになりますからね。
ベロンベロンではなく、ほろ酔いくらいが丁度いいでしょう。

ハメ撮りOKな女性と出会うには!?

「ハメ撮り交渉術を試してもなかなか応じてもらえない…」
そんなお悩みを抱えている人は、マッチングサイトsanmarusanに登録しましょう。

実はこちらのサイト、アダルトなマッチング目的の人が多数集っています。
すなわち他のマッチングサービスよりエッチな会員が多いんです。

もちろん男性だけではなく女性会員もエロい人ばかりですからね。
ハメ撮りを拒否するどころか、むしろハメ撮りに興味津々な女性と出会えるかもしれません。
それどころか「最初からいきなり撮影OKで~す」という、奇特で大胆な女性が潜んでいる可能性も…!?
エッチな会員が集結するsanmarusanなら十分あり得るでしょう。

ハメ撮りどんとこいな女性と出会いたい人はぜひ一度お試しを!

まとめ

今回は「ハメ撮りしたいときはこうやって交渉するべし!」と題し、効果的な交渉術をいくつかまとめてみました。

じっくり焦らず、タイミングを見計らうこと。
そして相手の気持ちを考慮すること。
これらを押さえれば、ハメ撮りOKの可能性はグンと高まります。

それでもなかなかOKがもらえず困ったときは…。
エロい会員多数のsanmarusanで、ハメ撮り歓迎な女性を探してみましょう。

コメント