ハメ撮りの交渉方法と定型文3つ

未分類

オカズとしてフル活用したり、コレクションとして収集したり…。
ハメ撮り写真や動画があると何かと楽しめますよね。

しかし女性がOKしてくれないと困りものです。
なかなかいい返事がもらえないと、もはやこれまでか…と諦めの気持ちが出てくるでしょう。

そこで今回は、ハメ撮りの交渉方法と定型文3つをご紹介します。

ハメ撮りの交渉方法は?

最もお手軽かつ有効なハメ撮りの交渉方法があります。
それはズバリ酔っている時を狙うこと!

まずは相手を飲みに誘い、お酒を飲みつつ他愛も無い話を楽しみましょう。
のっけからいきなりハメ撮り交渉を持ち掛けるのはNG。
あくまで狙い目は「酔っている時」ですからね。
シラフの時に切り出しても相手は引いてしまうので要注意です。

お酒が進み、相手が酔ってきたら、それとなくハメ撮りの話題を振りましょう。
その流れで「俺たちもやってみない?」と持ち掛ければ、酔った勢いでOKしてくれる可能性大です。

やはりシラフの時と違い、酔っている時は気分が高揚しやすいですからね。
普段は難色を示すタイプも、酔えばノリでいいよ~と言ってくれるかもしれません!

ただ、記憶がなくなりやすい泥酔状態での交渉は危険です。
「そんな約束したっけ?」「全然覚えてないから無効ね」となる恐れがあります。
気分は高ぶっているけど記憶力は鈍らない…いわゆるホロ酔い程度がベストでしょう。

飲みながらの交渉はシラフの時より成功しやすいので、試してみる価値アリです。

ハメ撮り交渉時の定型文3つ

ちょっとした一言がキッカケで「そういうものか」と妙に納得することもあります。
そのためハメ撮りを交渉する際は、決まり文句を用意しておくことも大切です。
ここでは、そんなハメ撮り交渉時の定型文3つをご紹介します。

皆やってるよ

普通はこんなのやらないでしょ~という思いがあると、女性はなかなか首を縦に振らないもの。
しかし案外他の人もやってるとなると、逆に「そうなの?」と興味を抱きます。
そのため「皆やってるよ」は、ハメ撮り交渉時にぜひ使いたい定型文です。

嘘でもいいので「友達にも結構やってる人多いんだよね」と話してみましょう。
むしろハメ撮りすることが普通…と認識させることがポイントです!

誰にも見せないから

ハメ撮りと聞くと、どうしても流出や身バレをイメージしてしまいがち。
この「誰かに見られるかもしれない」という部分が、女性にとって一番怖いところなんです。
そんな女性の不安感を取り除く定型文が「誰にも見せないから」。

絶対に誰にも見せず、ネットにもアップせず、ただ自分だけが楽しむのみ!
そこをアピールして交渉すれば、OKをもらえる確率はグンと跳ね上がります。

終わったらすぐ消すよ

「オカズやコレクションというより、ハメ撮りという行為自体に興奮する!」
そんな男性にぜひ使っていただきたいオススメ定型文がコレです。

オカズやコレクション目的でなければ、その場で即消しても何ら問題ありませんからね。
「終わったら必ずすぐに消す」と伝えれば、女性の抵抗感もだいぶ和らぐでしょう。
さらに「消す瞬間も見せるから」と約束すれば完璧です。

ハメ撮りの許可がなかなか下りない時は…

ハメ撮りの交渉をしてOKがもらえるととても嬉しいものです。
しかし「いくら粘り強く交渉しても一向にOKがもらえない」というケースもあります。
正直なところ男性からするとじれったくて仕方ないでしょう。

そんなじれったさを感じることなく、スムーズにハメ撮りを決行したいなら!
新出会い系マッチングサイト・sanmarusanへの登録をオススメします。

何を隠そうsanmarusanは、普通の出会いというよりアダルト系の出会いが主流ですからね。
ハメ撮りしない?と頼んだらスンナリOKしてくれる、そんな大胆な女性が多数集まっているわけですよ。

やはり最初からハメ撮りOKな女性と出会えたら、それに越したことはありませんからね~。
「誰もハメ撮りに協力してくれない…」という状況に陥ったら、ぜひsanmarusanを利用してみてください。

まとめ

「後々のオカズにしたい」「ハメ撮りコレクションを集めたい」「ハメ撮りそのものを楽しみたい」
そんな男性にとって、女性とのハメ撮りは最高に楽しいプレイです。
今回ご紹介した交渉方法と定型文3つを参考に、ハメ撮りの許可をもらえるよう頑張ってみましょう。

もし交渉に失敗したら、その時はsanmarusanでハメ撮りOKの女性を探すまでです!

コメント